トレンデレンブルグ徴候

股関節の筋力チェック

人間が二足歩行をするために大切な筋肉が『中殿筋(ちゅうでんきん)』です。 この筋肉は片足立ちをしたときに骨盤を水平に保つ役割をしています

下のイラストの左側は正常です。中殿筋がしっかり働いていますので片足を上げても骨盤を水平に保つことができています。
一方、右のイラストは右側の中殿筋が弱くなっているために、骨盤を水平に支えることができなくなり反対側が下にさがってしまいます。これを『トレンデレンブルグ徴候』といいます。

トレンデレンブルグ徴候

トレンデレンブルグ歩行

中殿筋に力が入らなくなると、歩行時に体(骨盤)をうます支えられなくなりますので、上体が左右に揺れてしまうことになります。

トレンデレンブルグ歩行

たとえ今、股関節周囲に痛みを感じないとしても、これ等の現象がある場合は、中殿筋が弱っている可能性がありますので、お気をつけ下さい。